タグ:水島新司 ( 5 ) タグの人気記事

「俺が死んだら 三途の川で 鬼を集めて 野球する ダンチョネ」

e0191371_2185432.jpg

その後野球漫画界において一大王朝を築く水島新司の最初のヒット作。
「剛球一直線」を信条にストレートのみで勝負する野球の申し子・藤村甲子園の大河物語。

その誕生の瞬間から阪神タイガースでの活躍までを追った本作において、
ストーリーに特に厚みがあり面白いのはやはり高校野球編だ。
自らの名前のルーツである甲子園のマウンドに立つことを目指して奮闘する成長物語なのだが、
高校野球らしい「汗」と「涙」に加えて「血」の匂いも加わってくるあたりが、
その他の高校野球漫画とは一線を画すポイントである。

なんと言っても「どぐされ」と称される南波高校野球部の面々が濃すぎるくらいに濃い。
隻眼隻腕の丹下左膳選手であり丹波組の跡取り息子でもある丹波左文字に、
東海一帯を仕切っていた番長連合のトップで空手の天才・神島竜矢は、
ユニフォームを着ていることが不自然なくらいのアウトロー高校生。
野球規約すらも何のそので、美少女選手や松葉杖の外野手もチームの一員として出場しているし、
毎打席のように身を挺した故意死球で出塁する特攻バッターや、
アメリカ軍の兵士を父に持つハーフ選手は南波野球部の得点源となっている。

これだけの異端児軍団が一堂に会すとあらば物事が素直に転がるべくもなく、
野球賭博に八百長、さらには長屋を巻き込んだ暴動といった流血ものの黒い騒ぎを巻き起こしたり、
はたまた巻き込まれたりしながら甲子園出場を目指すのである。
連載当時の昭和のエンターテイメントとして人気の高かったヤクザ映画と高校野球を、
相性の良し悪しを二の次にしたミックス・アップは強引と言わざるを得ない。
しかしながら、若き日の水島新司の骨太なペン捌きと有無を言わさぬストーリー展開の推進力によって、
破天荒を通り越して突き抜けた魅力を持ってしまった結果、不思議と良い具合に騙されながら読めるのだ。
こんなに仁義を切るシーンの多い野球漫画は、後にも先にもこの作品くらいのものだろう。

もちろん、試合となれば野球がメインとなる訳で、
打倒藤村甲子園に燃えるライバルとの対決は気持ちがいい程に真っ向勝負ばかり。
「ドカベン」以降の野球の奥深さを解く作品とは異なるシンプルな構図だ。
藤村甲子園がライバル達に敗れて課題を背負った際の解決も至って単純で、
誰よりも凄い剛球を投げる。ただこれだけである。
変化球や配球の妙で打ち取ろうという工夫ですら小細工であると切り捨て、
ひたすら修行にも似た自己鍛錬を続ける野球バカは、最後に必ず笑うのだ。

また、高校野球編と比較すると多少スケールダウンする印象は拭えないものの、
東京大学に入学した藤村甲子園が戦場を神宮球場に移し、
新たなライバル達と拳を付き合わせる大学野球編にも読みどころはある。
まず、そもそもとして大学野球を扱った漫画作品自体が非常に少なく貴重。
本作以降数々の作品を発表し、野球漫画の第一人者として名を残す水島新司にあっても、
ある程度のボリュームを割いて大学野球について描いた作品というのは他にない。
南波高校での荒くれた雰囲気と比較するとライバル達も大人しくなってくるのだが、
そんな中で「陰陽球」を操る三本指(!)投手・鬼塚幽次郎は、
丹波左文字の出立の秘密との関係性からも怪しげに存在感を放っている。

念願の阪神タイガース入りの叶うプロ野球編は最早余熱のみといった様相だが、
一人の若者の青春を追ったドラマのクライマックスとしてなくてはならない対決が待っているので、
あまりに予定調和的とは言え切って捨てることは出来ないだろう。

昭和の混沌とした熱気が溢れる「どアホウ」野球漫画。
[PR]
by taku_yoshioka | 2013-02-09 23:59 | comic

baseball ninja

e0191371_112011.jpg

[※ネタバレあり]

"球道くん"では水島新司自作の架空のフレーズを名前の由来に持つ中西球道が活躍したが、
実在する野球関連で最も有名な四字熟語の「一球入魂」を下敷きにしつつ、
かの一休宗純を捩ってネーミングされたのがこの"一球さん"だ。
巨人学園という名称からして驚きの私立高校(しかし赤ヘル)に編入した自然児・真田一球が、
常識外れのプレーを連発して一大旋風(もしくは一騒動)を巻き起こす。

さて、この真田一球。なんと野球については全くの素人なのだが、
その代わりに富士の自然の中で鍛えられた身体能力が尋常ではないという変り種の主人公。
走ればピッチャー前のボテボテのゴロすら内野安打にしてしまう俊足、
投げれば外野フェンス際からダイレクトでレーザービーム返球をする強肩、
さらには打球や相手選手を飛び越してしまう跳躍力まで兼ね備えた、
超をつけても足りないほどのフィジカルエリートなのである。
伊達に真田姓を持つ忍者の末裔ではない。

ここまで来ると、グラウンドで一球がどんな「プレー」をするのかではなく、
どんな「動き」をするのかが気になるというレベルにまで達しており、
その興味の矛先は野球というよりは曲芸を見る感覚に近い。
そんな中、ホームインの際には先日のイチローばりのタッチ回避を見せる一幕もある。
(逆に言うと、このような漫画的プレーを実際にやってのけたイチロー恐るべき、である。)

また、水島漫画ファンとしては"男どアホウ甲子園"とのリンクも嬉しいところ。
体育教師として巨人学園に所属して野球部の監督も務める「豆タン」こと岩風五郎を始めとして、
一球の育ての親に丹波左文字、甲子園大会には南波高校の一員として藤村甲子園の双子の弟である球二・球三が登場。
地続きの時間軸の上に存在するスピンオフとしても楽しめる一作となっている。
(個人的に最も心を掴まれたのが英語教師・小熊の「もろくも崩れるこの自信」の台詞!)
[PR]
by taku_yoshioka | 2012-11-03 01:02 | comic

the baseball way

e0191371_113259.jpg

[※ネタばれあり]

数多いる水島野球漫画の投手の中でも最強は誰かという話になった際に、
最もその呼び声の高いであろう人物が本作の主人公・中西球道だ。
プロ野球選手の父親を持ち、類稀なセンスとそれ以上に強い武器である気魄に溢れた、
投打共に超一流のスーパープレイヤーである。

まず、名前の由来とされている「球けがれなく道けわし」というフレーズが秀逸だ。
野村克也がサインの際に書いていた「球道無限」という文句を換骨奪胎して創作したものなのだが、
さも元々あった名言かのように思わせる言葉のセンスと演出の巧みさは水島マジック。
(実際、この言葉を座右の銘としている選手や指導者を見かけたこともある。)

そして、本作の特徴の一つは一人の野球人の成長を追いかけたスパンの長さにある。
物語は球道4歳の冬に始まり、北海道から小倉へ舞台を移した小学生編を経て、
千葉県代表の座を巡って熱戦を繰り広げる青田高校での活躍に至るまで、
断続的ではあるものの実に10年以上に渡って野球少年の成長していく様子を描写。
しかも、後に"ドカベン プロ野球編"にも「合流」して高校卒業後の顛末が補完され、
現在連載中の"ドカベン ドリームトーナメント編"でも主要キャラクターとして登場していることから、
その野球人生のほぼ全てが作品中で描かれていることになる。
("あぶさん"は景浦安武の野球人生が40年に渡って綴られた作品ではあるのだが、
少年時代が克明に描写されている分"球道くん"の方がライフストーリーとして重みと説得力があると思う。)

また、スタート時は少年誌「マンガくん」に掲載されていた本作が、
同誌が部数の低迷から「少年ビッグコミック」へとリニューアルされるのに伴うようにして、
球道が少年から青年へと成長していく過程と図らずもシンクロしているのも面白い。
さらに、これはあくまでも推測の域を出ない話ではあるが、
水島新司の長男・新太郎氏が10歳になったときに連載が始まっており、
男の子が野球を通じて心身ともに逞しく育っていく様子を描くには
またとないタイミングとモチベーションで執筆された作品とも捉えられるかもしれない。

このように、中西球道が人間的にも大きく成長していく過程を描いた本作は、
野球漫画でありつつも、親子の絆を大きなテーマとして扱った「家族もの」の側面も強い。
球道の背負った宿命(=捨て子であったという過去による二組の両親の存在)や、
プロの舞台で悪戦苦闘しながらも豪快に躍動する父親の姿を追いかける様子は、
血の繋がりという重いトピックも織り交ぜつつ、親子の在り方について言及している。
設定でピンと来た人も少なくないだろうが、満田拓也の"MAJOR"の着想の元になったことは間違いない。

一方で野球部分については若干大味とも言えるような作風で、
球道が打って抑えるというシンプルな勝負はある意味少年向け漫画らしいわかりやすさ。
ライバルと言い切れるほどの技量と因縁を持つ対戦相手も出てこない。
ただし、中西球道の実力と名声を強く知らしめることになったのは"大甲子園"での明訓との死闘なので、
こちらを読まずして中西球道を語ることは出来ないのだが。
(明訓高校という大正義軍の総大将たる山田太郎に挑戦する、ヒール的な魅力も持った球道の魅力と言ったら!)


(余談)
水島漫画の例に漏れず、溢れるアイデアとそれに付随した天性の飽きっぽさから、
一時は主要人物となったキャラクターが使い捨てられるように表舞台から消える現象は本作にも見られる。
そんな中、もう少し掘り下げて書いてもらいたかったキャラクターの一人として土居垣吉武を推したい。

いかに知能派選手とは言えおよそ小学生らしからぬ野球脳を持ち、
ある種の冷徹さすら抱きながら勝負に対する様は
「連合軍」化した福岡チームで大和田一男に正捕手の座を明け渡し、
ワン・オブ・ゼムとなってそのままフェードアウトしてしまったのが残念な限り。
こういうクールなタイプの敵役は水島漫画では珍しいだけに、
主要人物のまま成長して行ったらどうなるのかを見てみたかった。
[PR]
by taku_yoshioka | 2012-10-30 01:12 | comic

baseball crazy

e0191371_1361998.jpg

[ネタバレあり]

野球狂。

なんと野球への愛と情熱に溢れた瑞々しい言葉だろうか。
そして、本作を手がけた水島新司氏をこれ以上的確に表現したフレーズも他にない。
"野球狂の詩"は架空のプロ球団である東京メッツを中心として
野球人のドラマと喜怒哀楽を描き出した、水島新司の代表作の一つである。

本作は大きく2つのパートに分けることが出来る。
まず、不定期の読み切りとしての掲載からスタートした短編シリーズ。
漫画家として脂の乗った時期であった水島新司のアイデアマンっぷりが遺憾なく発揮され、
そのトピックやテーマは行き過ぎた面がありつつも短編ならではのリズムの中で上手く昇華されている。

歌舞伎役者との二足のわらじを履く美形スラッガーに、ハゲやイボ痔に悩む名選手、
ヒット一本いくらの出来高契約を結んだ凸凹コンビもいれば、
15歳という年齢から門限に合わせてマウンドを降りる「8時の男」となった天才少年など、
実に多種多様な個性や背景を持つ選手達が躍動する。多士済々とは正にこのこと。
(あまつさえゴリラのメジャーリーガーまで登場する始末!)

とりわけ50歳を越えてなお現役として活躍する岩田鉄五郎は、
水島キャラクターにおける最重要人物としても異論はないだろう。
投球時に発する「にょほほほほ〜」という独特の掛け声は、
岩鬼正美の打球音「グワラゴワガキーン」と並んで水島マンガを代表する「音」と言っていい。

加えて、生き別れの兄弟や貧乏家族の苦労話、任侠路線を取り入れたエピソードも多数収録。
今となっていかにも昭和な人情ものと感じてしまう展開ではあるが、
これこそが水島新司が最も得意とするジャンルでもあり、十八番。
また、里中満智子との合作による「10番」シリーズはストーリーこそ比較的王道ではあるが、
男性キャラクターを水島、女性キャラクターを里中がそれぞれ描いており、
タッチの全く異なる登場人物が繰り広げるラブロマンスが妙な求心力を持った異色作だ。

と、凡百の漫画家であれば一つ思いつけば連載できそうなアイデアを惜しむことなく「濫用」し、
次から次へとストーリーとキャラクターを生み出していった点は驚嘆と賞賛の言葉を送るほかない。
もっとも、本人は短編を得意としていることを自身の飽きっぽさに由来するとしているのだが。


そして、この作品のもう一つのパートを担うのが水原勇気編である。
プロ野球史上初の女性投手である彼女を中心に描かれるこのパートでは、
連載形式となったこともありストーリーは短編時代よりも深彫りした厚みのある展開に。
後に木之内みどり主演での実写映画化や続編・続々編の執筆、
さらには"ドカベン"とのクロスオーバーに至ったシリーズであり、
世間的な"野球狂の詩"のイメージはこちらの方が強いのではないだろうか。

前半では、女性がプロ野球選手になる上で避けて通れない野球協約との戦いが描かれる。
(なお、本作の発表後に規約は変更となったため、現在は登録が可能。)
このプロ野球界の制度への挑戦というテーマは、
その後の"光の小次郎"でも重要な要素として扱われており、
プロ野球への愛あればこその提言に水島新司の人間性が溢れている。

後半は、晴れてプロ選手となった水原勇気が、
一人の投手として並み居る一流バッターと対峙していく上で編み出した決め球、
その名もドリームボールを巡る一大狂想曲となっている。
得体の知れない球種への対策や騒動を軸に進んでいくストーリー展開は、
所謂「魔球もの」の系譜に属するとすることも出来るかもしれないが、
面白いのがそもそも存在するのか否かが大きなポイントとなっている点だ。

水原勇気の恩人である武藤に対して投じられた一球から「謎解き」は始まるものの、
その一回を最後に投げることはなく、カーブやシュートで相手打者を翻弄。
当初は俗に言う見せ球として使っていたのではと推測されていたが、
徐々に存在自体に懐疑的な意見がチーム内外を問わず広がり始める。

最終的にはドリームボールでの真っ向勝負という王道展開の結末が待っているのだが、
最後の最後までどういった変化をするボールなのか、
また、秘密のトレーニングの意味はなんだったのかなどは隠しつつ、
いかにして打つのかの解答も含めて一気に種明かしがされたラストは、
一大クライマックスとして相応しい盛り上がりとなっている。

ちなみに、水島新司はこの水原勇気編を執筆するにあたって、
構想段階から数人のプロ野球選手に女性プロ選手の可能性について尋ね回ったという。
その結果、否定的な意見が多数を占める中で見出した光明こそが、
球界にはいないタイプ(=左投げのアンダースロー)で、
オンリーワンの球種(=ドリームボール)を駆使する、
限られた状況での登板(=「唯一球」の超ワンポイントリリーフ)だったと言うわけだ。
マンガだから、という前提に甘えないこの姿勢。やはり本物の野球狂である。


「野球狂」のフレーズに導かれて生を受けた、珠玉の人間ドラマがここにはある。
野球マンガが多様化を続ける今だからこそ、もう一度読んでおきたい作品。
[PR]
by taku_yoshioka | 2012-10-18 01:36 | comic

baseball(i love it)

e0191371_0445189.jpg

タイトル通り野球への愛情をテーマにした4つのエピソードと、
未収録となっていた読みきり作品を収めた短編集。

水島新司といえば"ドカベン"を代表とした高校野球マンガが代表的で、
長編を手がける印象が強い漫画家だが、
"野球狂の詩"や"平成野球草子"など長期連載の短編も残しており、
その手練とアイデアの豊富さは流石のレベル。

比較的高い年齢向けに書かれた(であろう)4話構成の表題作では、
親子の絆や悲恋といった昭和の匂いのするエッセンスを織り交ぜつつ、
描き出されるのは野球人の人間模様。
いずれも涙を誘うようなストーリーで、
ライバルとの勝負に重点が置かれている高校野球ものとは
一線を画している出来と言える。

後半に収録されている未収録の読みきり作品の一つには、
新潟明訓高校の甲子園初出場に寄せて執筆された"ドカベン"の番外編も。
正直なところ一つの話としては盛り上がりに欠ける感は否めないが、
新潟明訓に進学して野球部に入ることを望みながらも、
家庭の経済状況からそれが叶わなかった
水島新司自身をモデルとしたと思われるキャラクター(川島くん)が登場する点は
ファンにとっては注目のポイント。
[PR]
by taku_yoshioka | 2012-01-29 23:59 | comic

Ok, it's the stylish century


by takuyoshioka

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
music
comic
book
gear
goods
musium
sports
movie
game
web
design
words
未分類

以前の記事

2014年 05月
2013年 12月
2013年 09月
more...