<   2014年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Because I’m happy Clap along if you feel like that’s what you wanna do(Happy/Pharrell Williams)



ファレル・ウイリアムズの"Happy"のMVがちょっとした盛り上がりを見せた。

そもそもYouTubeでの再生回数が2億回に達するというモンスターチューンなのだが、
このタイミングでの反響の引き金として大きかったのは、日本版MVのリリースだろう。
流石NIGOのディレクションとでも言うべき出演者が揃い、
ファレルのファン以外にも届くだけのバリューのあるニュースとなっていた。

しかしながら、このMVの出来自体には賛否両論あり、
今ひとつさ故に一部ではかえって話題になったり、
オリジナル版が再評価されたりと、なかなか「残念」な反響も少なくない。




個人的には、見事なまでにマジックを失ってしまったなというのが正直な感想。
編集の問題か演者の問題か、リズム感は欠落してしまっているし、
肝心の演者も豪華なのかどうか微妙なところ。

オリジナルとの差別化が目的の一つだったであろう
ホワイトバックのスタジオでの撮影は、
街中を自由に踊りまわる奔放な印象との落差が大きく、
凡庸なMVのスタイルの一つに嵌ってしまう結果となった。

では、日本で制作された"Happy"のMVがどれも低調かというとそんなことはない。
中でも、特に魅力的だったのが沖縄版。

ファンメイドと思しきこの作品は、出演した沖縄の人々の性向も相まってか、
日常に溢れる「Happy」が町中から湧き立つような仕上がりに。
土地の雰囲気を伝えるという意味では、観光プロモーション映像としても相当優秀だ。




その他にも、NIGOに先駆けて制作されていた原宿版や、
自作の和訳も気合十分な神戸版、日本を代表するダンスと言えば…な徳島版など、
全国的に広がっている"Happy"の輪自体は面白い。
「恋チュン」に続く定番となるか。

[PR]
by taku_yoshioka | 2014-05-29 23:34 | music

Ok, it's the stylish century


by takuyoshioka

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
music
comic
book
gear
goods
musium
sports
movie
game
web
design
words
未分類

以前の記事

2014年 05月
2013年 12月
2013年 09月
more...