カテゴリ:未分類( 123 )

身構えな エースのサウスポー(SOUTHPAW FLOW/DESPERADO)

e0191371_19403453.jpg

[※ネタバレあり]

準決勝を迎え、最大のピンチが七嶋を襲う。

一匹狼集団・兼六学館を下し、初出場にして見事ベスト4進出を果たした樫野高校。
しかし、その試合の最後のアウトを取る際に、慢心した七嶋は怪我を負ってしまう。
幸い、肋骨の軽微な骨折に留まり選手生命に関わる程の症状ではなかったが、
精神面への影響や動揺は大きく、試合前夜には悪夢にうなされる程。
ここまで強気の姿勢で暗黒の道を突き進んでいた七嶋が、
初めて気持ちの弱さに負けそうになり、罪悪感に苛まれる。

結局、準決勝はやむなく登板を回避することを決断。
野手としての先発出場もなく、重要な試合を残りの部員達に託す——はずだった。

ここまで樫野は、ほぼ七嶋のワンマンチームとして勝ち上がってきてきていた。
となれば、悲しいかな2番手投手・金子が通用するはずもなく、
ストライクもまともに入らないまま大量失点の後に降板。
続く3番手投手・伊藤は大差での登板という状況での開き直りからか、
ストライクを取ることはできるものの、甘い球を痛打されアウトを奪えない。
初回にして勝負が決まってしまいそうな窮地において、
樫野のマウンドに登ったのは「サウスポー」の七嶋だった。

ノックマンとの特訓以来、左投げの練習を続けているとは言え、
試合において登板するのはこれが始めて。ましてや、甲子園の準決勝である。
この緊急登板にはさしもの七嶋も普段のパフォーマンスを発揮できず、
なんとか最小失点で切り抜けるものの、1イニングだけで大きく疲弊してしまう。

今回の状況がいかに危機的であるかを象徴する現象として、
あれだけ悪目立ちしていたガーソに存在感がないことを挙げたい。
加藤の乱調を目にして試合開始早々に「死亡」した迷参謀は、
七嶋やナインを苛立たせるような采配(=余計な介入)もできずに立ち尽くす。
歴戦の無能者も流石に為す術無しといったところだ。

さて、1回の表を終えて大きなビハインドを背負った樫野。
普通に考えれば追いつき追い越すのは難しい点差だが、ここは甲子園である。
「あるある」ネタの一つとして大逆転勝利も十分に考えられる中、
どのような試合展開になっていくのか注目したい。
[PR]
by taku_yoshioka | 2013-04-09 19:46

手探りして うろんの夜を行く(ぐんじょうのびろうど/SMRYTRPS)

e0191371_2242435.jpg

2011年に立て続けにリリースされた前2作から一呼吸置いて、
1年2ヶ月のスパンをとっての発表となった「クラフト」シリーズ第3弾。
『オレンジボヤジャーズ』のリリース時には既に本作のアナウンスはされていたものの、
いつの間にかホームページ上から情報が消えて気を揉ませてくれたが、無事に世に出たことにまずは一安心。
(この人達は昔から企画段階にある情報を発表してしまって、後でしれっと取り下げたりするので。)

さて「単館上映集」というテーマを持つ本作だが、
その時間帯は前作から少し針が進んで深夜と言ったところだろうか。
これまでのクラフトシリーズと同様に、というか過去作品を凌ぐ好盤で、
幕開けの"ラップ・フォー・ザ・キャッツ"からフルスロットルでリスナーの耳を攻める。
レトロ趣味のビートはメジャー以降のハイファイなサウンドから完全に脱却したことをアピールし、
力強くキックされる瑞々しいラップの切れ味はキャリア・ハイの出来と言っていいだろう。

中盤には"ほっぺた"と"おかしい"という対照的な、それでいて各MCのパーソナリティがよく現れたソロ曲を収録。
"A Penny For My Thoughts"を下敷きにディアンジェロばりのネオ・ソウルを聴かせるタカツキも、
"Can I Kick It?"へのオマージュを施したサウンド上で生活感を漂わせまくるZOEも、
グループ内で不思議なバランスを保ちながら独自の角度で尖って光る。

プロモーション的な売り文句としてはY.O.Gとメテオの参加した"スヌーズ・デイズ"が話題に。
『PALETTE』収録曲のような、明るすぎず暗すぎずの適温のバイブスが心地良い。
"MC(メロー・コンフェッサー)"はタイトルからしてSMRYTRPSのある側面を象徴するような一曲。
tofubeatsの"水星"を想起させる"もうすこし"も拍子抜けするほど嫌味なく軽やかに歌い上げている。

マイクを持った侍達が送る至高のミッドナイト・ムービー。
[PR]
by taku_yoshioka | 2013-01-28 22:04

stupid and diligent

e0191371_1459468.jpg
[※ネタバレあり]

今や、甲子園の魔物以上に樫野高校野球部を苦しめる存在となったガーソ。
前巻終盤の嫌な予感は見事に的中し、出来もしない采配による「監督対決」に乗り出す。
読者と樫高ナインの心にはため息混じりの「またか……」の想いが共有され、
作中の温度に読み手をぐっと近づける、ある意味ではこの上ない名シーン。
多くの場合、どんな嫌われキャラクターであっても、
どこかで読む者の心を擽るようなギャップを見せてくれるものだが
このガーソに関しては徹底して救いようがない無能振りを見せてくれる。
最早天晴の「無能な働き者」である。

帝城との対決は樫高リードのまま最終回を迎えるが、
あと1アウトのところで逆転もありえる大ピンチに。
1点を争う緊迫した場面を迎え、なお強かにスターとしての演出を続ける七嶋は、
逆境すらも最高の見せ場としてストレート勝負を挑む。
極めつけは偶然を装った逆球での空振り三振の奪取。
優れた野球脳による読み、導き出された解答の確度、
そしてそれを実際にやってのける制球力の全てを持ち合わせたスーパーエースは、
やはり既に高校野球の枠には収まり切らない領域に手をかけているように思える。

マニア向けの小ネタとしては、バックネット裏のスカウトのコメントが印象的。
日本ハムファイターズのスカウトである熊沢が、
七嶋をナンバーワン評価すると共に「絶対に1位でウチが獲る」とコメントしたが、
ここ数年甲子園のスターの獲得に成功しているファイターズだからこそいえる強気の発言だった。

(余談:帯について)
作品タイトルとは裏腹にと言うべきか、それともある種タイトル通りと言うべきか、
各種有名漫画ランキングになかなかノミネートされない本作は、
ついに帯において勝手に「このマンガが黒い!」なる企画をでっち上げ、
2012年度第1位であることを銘打っている。
カウンター的な立場を理解した悪賢い振る舞いはまさに七嶋そのもの。
共同してフェアを展開した「グラゼニ」と比べると日陰者の印象が強い作品だが、
向こうを張るに相応しい、当世を代表する野球漫画だと思う。
[PR]
by taku_yoshioka | 2012-12-29 14:59

u don't know

e0191371_21403813.jpg

白く美しい柔肌、曲線的なフォルム、艶かしくくねる濡れた肢体、
そしてそれを飲み込む際にキュッと窄めた口元に漂う色気——。
描かれてみればなるほど、たしかにうどんは結構セクシャルな食べ物かもしれない。

とある美大の学生食堂のおばさん(といっても35歳)と、
そこで毎日昼食をたべる美大生の年の差恋愛ラブコメディ。
発せられた台詞よりもずっと多い心の声やモノローグ、そして広がりつづける妄想が、
恋の始まりの時期の甘酸っぱくもどかしい心情を物語る。

意識し合い、それでいて一線は超えそうで超えず、
ちょっとした不安や「カレー」への浮気といった障壁を乗り越えて、
二人はうどんを食べるのであった。

タイトルからは突飛でおかしなイメージを受けるかもしれないが、
その実よくまとまった良質の恋物語。
[PR]
by taku_yoshioka | 2012-11-26 21:41

一度目も 二度目も 何度目も正直 毎回毎回が本気 準備怠らずに 挑め(挑め/KREVA)

e0191371_1235111.jpg

今日でこのブログをスタートしてから丸三年。
確認してみると記事数は572件に到達していた。
2日に1回以上は投稿している計算になるので、
それなりによく続いたな、と個人的には思っている。
(ちなみに、カテゴリで一番多いのは[music]でおよそ3分の1。)

当初は自分用のメモの延長線上程度に考えていたはずだったものが、
徐々に長文が増えて文章力トレーニングの様相がかなり濃くなってしまっているが、
根本ではそのときに書きたいものを書きたいように書くというスタイルは変わっていない(はず)。

感想以上レビュー以下の水域から抜け出すことは、なかなか難しい。
それでも、広大無辺なwebの世界の中に文章を残しておくことで
何かのきっかけで辿り着いた人に少しでも面白いと感じて頂ければこれ幸い。
それに、なんだかんだでそのときの気持ちを残しておくのは意味がある。

以上、久々の徒然とした所感。
明日からはまた前回までのような内容に戻る予定。
そして、少しペースダウンをする予定でもある。
ただ、これもそのときの気分でしかないので、
「何も定まらぬことだけが定まって」いるということ、です。

これからもどうぞ宜しく。
[PR]
by taku_yoshioka | 2012-11-14 01:24

hi-five

e0191371_041691.jpg


ハンドメイドワークブランド、motoのレザー・ウォレット。
ブランドロゴの刻印となっている手形が可愛い。

誕生日の贈り物として頂きました。
大切に使って色の成長を楽しみたいと思います。
[PR]
by taku_yoshioka | 2012-10-10 00:05

Yeah you get props over here(Props Over Here/The Beatnuts)

e0191371_22323963.png

link

ついに、ソーシャル/ネットワークのオンライン対戦の潮流はここまできた。
なんとweb上でラップのフリースタイルバトルができる「rapt.fm」が一般公開に向けて準備中だ。

仕組み自体は非常にシンプルで、ログインしているユーザー同士が対戦相手を見つけ、
そのパフォーマンスを聴衆であるほかのユーザーが「PROPS」の投票形式で審査するというもの。
しかし、シンプルだからこそハードルは低く、世界中のMCとのバトルが出来るというのは夢がある。

はたして世界で、そして日本でどれほど定着するか。注目したいサービス。
[PR]
by taku_yoshioka | 2012-09-24 22:33

100 years before

e0191371_2119465.jpg

link

今年は、作中でドラえもんが誕生する2112年までちょうど100年の節目の年。
これを記念して、100種類のフィギュアが続々とリリースされるプロジェクトが進行中だ。

ベアブリックやディズニーのバイナルメーション宜しく、
ドラえもんの形をした素体に様々なデザインが施されたラインナップとなる見込み。
今年も残り5ヶ月というところでまだ2種類しか発表されていないところは気になるが、
年末に向けてのリリースラッシュに期待したい。

まずは、ドラえもんの誕生日である9月3日がポイントか。注目。
[PR]
by taku_yoshioka | 2012-08-09 21:19

Once there was a way To get back homeward(Golden Slumbers/The Beatles)

e0191371_22515028.jpg

link

The Beatlesの名盤"Abbey Road"と言えば、その内容もさることながら、
ファンならずとも一度は観たことがあるであろうあのジャケットで有名だ。
メンバーが横断歩道を渡る様子を横から収めた写真は、数々のオマージュの対象ともなってきた。

その別テイクの未使用写真がこの度ロンドンで競売に掛けられるという。
観てもらえればわかるように、採用された写真とは異なり右から左へ向かって4人は歩いている。
姿勢や間隔、歩幅もどこか心許ない印象で締りがない。
また、ポールの足元を見ると、裸足ではなくサンダルを履いていることがわかる。
伝説の「裏側」を垣間見ることが出来たようで面白い。

しかし、果たしてどれほどの値段がつくのか——。
[PR]
by taku_yoshioka | 2012-05-18 22:52

bull shit

e0191371_23371521.jpg

「なんだこれは?」というのが、ヌケメ帽を初めて見たときの率直な感想。
そして、この手のアイテムはそう感じさせた時点で「一本!」である。

作者であるヌケメ氏は「帽子もメディアになる」との考えから、
黒無地のキャップを一種のキャンバスとして捉え、
シュールな言葉遣いのフレーズが刺繍されたインパクトのある一品を作り上げた。

その独特のワーディングの一部を紹介すると、
『海綿体の心境』『本日は最前線の吉日』『8倍速の手段』『マガマガマガしい』など。
意味を置いて先に行ってしまったような勢いで飛び抜けている。

コーディネートのアクセントになるどころか、
勝手に「主役」に成り上がってしまう濃すぎる小物。
ある意味、アンチ・デザインな趣も持っているかも。
[PR]
by taku_yoshioka | 2012-04-26 23:26

Ok, it's the stylish century


by takuyoshioka

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
music
comic
book
gear
goods
musium
sports
movie
game
web
design
words
未分類

以前の記事

2014年 05月
2013年 12月
2013年 09月
more...